福島県神道青年会
トップページ 会員ページ 会員専用 会員専用
 

平成二十九年度
  〜三十年度

事業活動指針

 

 

 

 


 福島県神道青年会は、戦後の混乱収まらぬ昭和二十二年に結成された「かやの実会」
を前身に、国土の復興と神道の興隆を目的とし、昭和二十四年に発会された。
 爾来、先輩諸賢の高邁なる理想の下培われてきた伝統を継往開来し、己の研鑽に励む
事は元より、会員一人一人が参加する事への動機付けを持ち得る会務を企画実行し、
会員相互の親睦を更に深化させる為の事業を行い、会員の資質向上に資する事業を展開
する。
 来る、平成三十一年度には福島県神道青年会創立七十周年を、翌平成三十二年度には
中央研修会の担当を迎える事を鑑み、会員一丸となり事業完遂に向けた道筋を整える事
も旨とする。
 また、東日本大震災発生から歳月を経た現在、被災地では必要とされる支援の形は
変化しつつあるが、真の意味での故郷の恢復や人々の心の安寧に向けた活動を臨機応変、
且つ積極的に行いながら、継続的な支援を行える様、内外に向けた情報の発信を継続し
て行く。

研修部
広報部
事業部


主 な 事 業

 

 

 

 

 

 

 


◇青年神職研修会の開催(会津地区)
◇祭式研修会の開催(浜地区)

◇会報『かやの実』の発行
◇ホームページの運営管理
◇福島県交通安全祈願祭の斎行と交通遺児奨学募金活動
◇セーフティチャレンジ推奨参加
◇事業活動及び東日本大震災活動記録の収集と保存

◇事業頒布品の取扱い
◇皇室尊崇・神宮崇敬活動の推進
 ・厄年早見表作成
 ・皇室写真集(カレンダー)の頒布促進
 ・神宮新穀感謝祭への奉賛
◇会員の為の勉強会の開催

         

 

祝祭日には国旗を掲げましょう